StarwebPRNT ブラウザー

StarwebPRNT専用ブラウザーを使用することで、WebアプリからBluetooth通信での印刷を実現!

StarwebPRNT SDKをもとに作成したWebアプリケーションを、当社が提供するStarwebPRNTブラウザーで動作させることで、従来では実現困難であったWebアプリケーションからのBluetoothプリンターへの出力を可能にします。StarwebPRNTブラウザーに、XMLをプリンターコマンドへ変更する機能があり、コマンドを抽象化したJava Scriptライブラリー(無料)を参考にWebクリエーターでも簡単にシステムを開発することが可能です。


StarwebPRNTブラウザーは、iOS版はAppStore、Android版はGooglePlayからダウンロードが可能です。

StarWebPRNTブラウザー対応モデル

mPOP, mC-Print2(*1), mC-Print3(*1), TSP650Ⅱ(*2), TSP700Ⅱ(*2), TSP800Ⅱ(*2), FVP10(*2), SM-L200, SM-L300, SM-S210i, SM-T300i, SM-T400i

(*1)BluetoothおよびiOS版はLightningUSBインターフェイス対応モデル
(*2)Bluetoothインターフェイスモデルのみ対応となります。

StarwebPRNT SDK (無料)

SDKには、HTMLファイルとJavaScriptファイルがパッケージされています。

  • HTMLファイルは、WebブラウザーからWebPRNT機能を利用して印刷するまでの一連の記載方法を紹介するサンプルプログラムです。
  • JavaScriptファイルは、スター精密が提供するStarwebPRNT機能組み込み用ライブラリファイルです。

プリンターの制御は、このSDKにパッケージされているJavaScriptをHTMLファイルに埋め込むだけで行え、Webプログラミングを行うのと同等の知識でPOSプリンターからのレシート印刷が可能となります。
また、プリンターを制御するためのドライバーやプラグインをインストールする必要もありません。

詳しくは、StarwebPRNT User’s Manualをご確認ください。